出会い系サイト何でもQ&AF
被害金を返金してもらう


出会い系サイト無料予備校 > 何でもQ&A > 被害金の返金

悪徳出会い系サイトでサクラ詐欺に遭ってしまいました。支払ったお金を返してもらうことはできますか?

結論から書くと返金させることに成功する場合もあります。その場合は弁護士か簡裁訴訟代理に認定されている司法書士かのどちらかに依頼します。警察ですと刑事事件として業者を摘発してくれるかも知れませんが返金をさせることはできません。返金は民事になりますので警察とは別件になります。ただ、悪徳業者を根絶させるためにも出会い系詐欺に遭ってしまったら警察に相談されることをお勧めします。国民生活センターに相談することも大いに有りなのですが、国民生活センターは基本的に相談に乗ってくれて助言をしてくれるだけです。一つだけ強く言っておきたいのは、「出会い系詐欺」等で検索すると探偵社のページもやたらたくさん出てきます。どれもあなたに代わって業者と交渉してお金を取り返しますという内容なのですが、探偵は返金交渉を仕事として行ってよい資格を有していません。違法営業と言ってもいい行為なのです。非弁行為の禁止というやつで、弁護士法で弁護士以外の者は仕事として弁護士の真似ごとをしてはならない旨が決められているんですね。

ここ最近、出会い系サクラ詐欺が初めて摘発されて逮捕者も出るようになったので業者が返金に応じるケースが以前より増えたらしいです。それまでは悪徳業者は非常に強気で返金交渉に応じることは滅多にありませんでした。そうなると民事裁判を起こすしかなく、非常に時間と手間とお金が掛かることになってしまうので泣き寝入りをする被害者が多かったのです。
返金に応じる悪徳業者が増えたことによって、返金交渉を業務とする弁護士、司法書士(簡裁訴訟代理認定)がここ最近急激に増えているように思います。弁護士、司法書士が増えたことによって今は着手金ゼロで成功報酬だけでやっている場合が多いようですので、無駄にお金だけ取られて結果が伴わないということはないようです。成功報酬は取り戻した金額の10%〜30%が相場のようです。

弁護士、司法書士(簡裁訴訟代理認定)に依頼すれば騙し取られたお金を取り戻せる。しかも成功報酬のみの支払いなのでリスクが低い。大変結構なことなのですが、どうも釈然としない部分も残ります。一つは今の弁護士、司法書士業界はちょっとした「出会い系返金バブル」状態になっていること。「サラ金返金バブル」のときのようにあまり手間が掛からず儲かるオイシイ仕事だから弁護士、司法書士が群がってきているのです。それと成功報酬が結構高い。30%は取り過ぎのような気がします。詐欺師が騙し取ったお金を法の名の下にかすめ取っているようにも感じてしまいます。
だからと言って弁護士、司法書士に依頼することを止めはいたしません。お金を取り戻せるのですから。しかしどうも釈然としない部分が確かに残りますが、世の中何もかもすっきりする結論を期待してはいけないのかも知れませんね。


出会い系サイト何でもQ&A


出会い系サイト無料予備校

©2010-2018 deaipre.com